ペットも家族と言うならペット保険を

日本人だと保険に入っていることは当たり前で入ってる感覚を感じることはあまりないですが、いざ病気をしてみるとそのありがたさを身に染みて感じます。健康のありがたさは健康な人にはわからない、病人にこそ分かると言うように、普段忘れがちになっていて、いざという時に加入していないと後悔するのが保険というものです。
後悔は先にはできません。だから万が一の備えに保険が必要なのです。

ペットというと軽んじられる方もいらっしゃるかもしれませんが、普段、家族だと言っておいていざ病気になった時、その命の責任をきちんと持てるのでしょうか。
動物の医療費は決して安いものではありません。責任ある飼い主として最後までその子の面倒を見るか、無責任に放置してしまうのか、それはその人個人の選択かもしれませんが、ペットは自分で選ぶことができません。飼い主に全てを委ねるしかないのです。動物は飼い主の行動を信じて、その生き方を受け入れて生きていくのです。

最近は、ペットも人間も掛かる病気が似てきているといいます。糖尿病、高血圧、その他、人にも掛かる習慣病をはじめとして、高齢になればいずれペットも病むことが多くなります。その時に保険がなければその子の医療費は全額、飼い主が負担するようになります。その時に払えないとならないために、少額からのペット保険に入っておくことは、人間と変わらず必要なことではないでしょうか。

彼らも家族なら一緒に年を重ね、少しでも元気で長く生きて欲しいものです。
病気になった時、気軽に治療を受けられるようにペット保険を考えてあげるのも、家族としての飼い主の役目ではないでしょうか。